蛋白漏出性胃腸症とは、消化管粘膜より、消化管の管腔にタンパク質(主にアルブミン)が漏出(出て行ってしまう)するために、低タンパク血症を伴った病態であり、主症状は浮腫、下痢などです。   本来腸ではタンパク質を分・・・