カンピロバクターは食中毒の原因となる細菌で、ニワトリ・ウシ・ブタ・ヒツジ・イヌ・ネコ・ハトなどの消化管内に高い割合で住み着いています。   酸素が少ない環境で増殖しやすく、酸素が多かったり酸素が全くない環境では・・・